• ホーム
  • 辛い花粉症による目のかゆみに飲み薬は有効なのか

辛い花粉症による目のかゆみに飲み薬は有効なのか

花粉症は鼻づまりや鼻水といった鼻に関する症状が多いのですが、実は目のかゆみも起きやすくなっています。

花粉は空中に飛散しているため目の粘膜にもくっつきますが、その際体の中にある肥満細胞が異物と認識をして抗体を作り始めます。2度目に花粉が体内に入ってきたとき、それを異物だと認識をし、攻撃しようとヒスタミンなどの物質が放出されアレルギーの症状が出始めます。

このヒスタミンが受容体と結びついてしまうと目のかゆみが起きてくるので、受容体と結びつくのを食い止めなくてはなりません。そのためには抗ヒスタミン作用のある薬を使用しなくてはならないのです。

一般的にアレルギー性結膜炎の場合、抗ヒスタミン剤が含まれた点眼薬を使用することが多いです。点眼薬はかゆみがある部分に直接薬を流すので、効果が出やすいからです。かゆみを止める成分は内服薬タイプの抗ヒスタミン薬にも入っているのですが、内服薬では目のかゆみを止める、もしくはアレルギー性結膜炎に効果がある、とは添付文章に記載はされていないです。

おもに内服薬の場合、添付文章に記載されているのは、花粉症やダニ、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎と、皮膚のかゆみについてです。目のかゆみに関してはほぼ書かれていません。ですが眼科によっては目薬と併用して内服薬も使用することがあるので、眼科にて相談をしてみると良いでしょう。点眼薬にも抗ヒスタミン薬が含まれているので、内服薬を使用することによってより効果が強く出てしまうこともあります。自分勝手に服用と点眼を同時に行わないようにしてください。

抗ヒスタミン薬はさまざまな種類があり、点眼薬もまたいろいろな種類のものがあります。抗ヒスタミン剤同士を同時に使ってしまうと、副作用を強めてしまい、眠気が特に出やすくなります。ヒスタミンという物質は脳の覚醒作用に関係しているので、それを止めるとなるとどうしても眠気が出てしまうのです。目薬の場合、さほど成分は含まれていませんが、影響が全くないわけではありません。市販薬としても販売されていますが、市販薬を購入する際には成分をしっかり確認してから使うようにしてください。なお、風邪薬にも抗ヒスタミン薬は含まれていることがあるので、注意をしましょう。

花粉症は独特な目のかゆみをもたらすので、さわらないようにするのが困難です。つい触ってしまうと傷ついてしまい症状も重くなってしまいます。ですので、まずは花粉が飛ぶ前に内服薬などの飲み薬を服用してヒスタミンが過剰に分泌されるのを防いだり、受容体と結合するのを食い止めたりして、かゆみなどが現れたら一度内服薬を中止し、点眼薬を使用する、という方法もあります。どちらにしても医師との相談が必要で、適切な時期を見極めなくてはなりません。特に併用するかしないかは副作用に関わってくることであるので、自分の判断で行わないようにすることがとても大切です。